【UQモバイル】携帯の節約の差額で楽しいことしない?節約は手段! 詳細はこの青いバーをクリック

新機種がUQモバイルの対応表に載っていない!その時、どうする?

UQモバイルと契約申込をするときに気を付けるポイント

新機種の発売、価格.comなどでは発売前から口コミ掲示板が賑やかな機種もありますね。

UQモバイルユーザーとして気になるのは、
「果たしてUQモバイルで使えるのか?」
でしょう。

この記事を見ているあなたは、きっとそうですね。

avatar

トラさん

俺も新しいもんが好きでよー

UQモバイルに加入するときに、SIMの種類を間違えたとしても、無料で再発行をしてくれません。

ましてやAPNの設定まで、影でコソッと教えてくれたらラッキーですが、まずあり得ません。

・SIMを間違えて発注したら、SIM交換は有料になります(3,000円+税)
・APN設定の方法が分からないと、永遠にUQモバイルにつながりません

こんなところで損はしたくありませんね。

でも、いちばん詰まるのが発売したての機種なのです。

 

早く使いたい!

けど、UQモバイルで使えるかは分からない。

そんな時、待てば良いのですが、一度欲しいと思ったら止まらないのが人間の物欲の怖いところ。

 

無難な方法は

・対応バンドを確かめる
・対応表を見る。未掲載の場合はUQモバイルのお客さまセンターに聞く
・無理なら、対応表に掲載されるまで待つ

になります。

 

新しいもの好きなら、みんな知っている方法です。

でも、その中にひょっとしたら、あなたが見落としているポイントがあるかも知れません。

軽く見るだけ、ほんの3分もあれば終わる内容です。

 

初心者は調べ方を、ベテランの方は念のための確認の方法を案内しますね。

対応バンドを確かめる

スマホ/携帯電話機メーカーのHPより仕様に書いてある、対応バンドを確認します。
UQモバイルが対応しているバンドは

4G LTE
FDD1
11(無くても良い)
18※
26※
28
※は、どちらか
TDD
41

です。

 

FDD-B1、B11 …と頭にBを付けた表記方法もあります。

どちらも同じ事を意味します。

18と26はどちらかが通じれば良いです。

 

上のバンドのうち、


18か26
28

の3つに対応していれば、UQもモバイルでの通話/通信に対応出来る確率が高いと言えます。

バンドについての細かい知識

ツウ向けの知識を少しだけ。

重要じゃないので、少し文字の大きさも下げますね。

念のために、総務省がauに認可を出している周波数帯も提示しておきますね。

バンド周波数備考
FDD LTE
12100MHz
111500MHz(無くても良い)
18800MHz※26とどちらか
26800MHz※18とどちらか
28700MHz
TDD
412.5GHz

バンド11

au、UQモバイルのバンド11は、設置アンテナ数が少ないため、無くても特に影響がありません。
東京、大阪、名古屋、福岡の都心部にある程度です。
また、au/UQモバイルの電話機はこのバンドの電波を積極的に取りに行こうとしません。

バンド18と26が、どっちでも良い訳

au、UQモバイルのバンド26は、バンド18を含んでいます。
そのため、どっちかに対応していれば良いです。

バンド41はWiMAX向けの電波

通信専用なのですが、一部のアンテナでは通話も対応しています。
全部のバンド41のアンテナで通話に対応していれば問題無いのですが、一部だけなのが問題なのです。
電話が突然切れることが発生するのは、このバンドにつながったあと、次の受け手のアンテナがバンド41で通話に対応していない時です。

対応表を見る。未掲載の場合はUQモバイルのお客さまセンターに聞く

バンドが対応しているのであれば、次の段階に進みます。

対応表に載っているかを確認します。
https://www.uqwimax.jp/products/mobile/sim/devices/

対応表に載っていれば、問い合わせる必要はありません。

 

載っていない場合は、UQモバイルのお客さまセンターに聞くしか手がありません。

電話番号は、
TEL:0120-929-818
になります。

新製品が発売される時期と、キャンペーンに力を入れている時期は電話が混み合います。

回答の出やすい聞き方

(新機種名)をUQモバイルで使いたいんだけど、
対応表に載っていないんだ。
メーカーのHPを見たところ、バンドはUQモバイルのものに対応している。
同じメーカーの最近の機種が、同じ仕様に見えるんだけど、この機種のAPNって使えそうに思うんだけど?

で、良いと思います。

これで、オペレーターが聞かれているポイントが、「既にあるAPNが対応出来るか?」 に移っているからです。

 

「新機種を使いたいが?」と聞くと、対応表に載ってないから無理とバサッと切られます。

このように工夫して具体的に聞いても、バサッと切ろうとする、無双なオペレーターも居ますが、運が悪かったと思ってかけ直しましょう。

日本語が分かるオペレーターにつながったら、それなりの回答が得られます。

 

上手く、回答があれば良いのですが、「UQモバイル内で確認中」と言った返答が来るときが、高い確率であります。

同時に、「それでも無理にでも試してみたいと言うなら、責任がユーザーに移る」旨も説明される事が多いです。

この後は、あなたの責任になります。

無理なら、対応表に掲載されるまで待つ

あなたの責任に移ると、途端に動きが遅くなります。

損はしたくないですからね。

対応表に掲載されるまで待つのが無難と言えます。

 

どれぐらいの期間がかかるのかですが、販売数の多いiPhoneですら1カ月かかった実績があります。

数日〜1カ月は掛かると考えた方が無難です。

私はiPhoneの発売時に、UQモバイルの対応表に未掲載なのにフライングして買って、かなり苦労しました。

 

UQモバイルで同じ機種を販売開始した場合は、確実に解決の糸口が見えたことになります。

問題は、UQモバイルで販売していない機種だと、分からないままです。

我慢しましょう。

 

あなたの欲しいって気持ちを抑えておくのが大変だと思いますが、観念して下さい…。

お金に余裕のある人は、ダメなら携帯を売れば良いやと、先にスマホ/携帯電話機を買ってしまう人も居ます。

正直、あまりおすすめ出来ません。

 

見切り発車で契約して、SIMが手元に届くと、

・MNPや新規加入の場合、UQの発送から7日後には、強制でUQモバイルに加入となります
・そこでSIMの種類が違っていたら、交換手数料(3,000+税)が更に発生します

と、良くないことが連鎖で起こります。

 

最近の機種だから、マルチSIMだろうと決めてかかると、「実はあとで専用SIMが出来る予定で、その時まで待って下さい」となったケースも過去にありました→数年前のiPhone。

対応表に掲載されても、何の通知も無いので、週に1回ぐらい覗いてみるのが良いですね。

https://www.uqwimax.jp/products/mobile/sim/devices/

avatar

トラさん

スマホの買い物って、見切り発車すると、怖いなー

慎重にしようと思っていても、欲しい気持ちが抑えられないときもありますからね

avatar

リスさん

今はスマホも高くなったし、損も大きいです。

大人になりましょうね。

コメント