【UQモバイル】携帯の節約の差額で楽しいことしない?節約は手段! 詳細はこの青いバーをクリック

MVNO比較 UQモバイル【A】vs.nuroモバイル【C-】-2018/8版-

格安携帯電話会社の評価

MVNOって、安いのは良いけど、分かりにくそう。

勉強しなきゃいけないことが増えると面倒って人向けにガイドをするのが、このMVNO評価記事シリーズ。

MVNOの評価基準はココにあります→あなたは大丈夫?正しいMVNOの選び方|大事な2ポイントとは?
基本:通話も通信もいつでも問題無く出来ること!

 

今回のお題は、nuroモバイル(2018/8評価)

docomoとSoftBankの電波を扱う、平日の昼食時以外は比較的高速なMVNOです。

特にSoftBank回線はユーザー数があまり多くなく、平日昼食時でも1MB近い速度が出るときもあります。

 

評価は【C-】(15段階評価の9番目)です。

【C】評価に届かないのは、SoftBank回線への取り組みの薄さがあります。SoftBank回線の料金プランが、docomo回線に比べてあまりに少なく、あまり表だって広報もしていません。

一方、docomo回線は他社と比べて、目立った魅力はありません。

 

このサイトはUQモバイルを推しています。

個人的にも、UQモバイルにとても満足しています。

要点

✓SoftBank回線は今のところは何とか実用範囲内、docomo回線は他社と同一線上で平日の昼食時に遅くなる

✓比べると、UQモバイルが全時間で圧倒的に安定している

✓安さだけに重視し、安全性や利便性を犠牲にするならnuroモバイル。安心がいつも欲しいのならUQモバイル。

両者の比較

語句解説
レイヤー
大手キャリアから1次受けで電波を分けて貰ったらレイヤー2、レイヤー2から分けて貰ったらレイヤー3になりますカウントフリー
特定のURLを通じた通信を、契約者のデータ消費カウントに含めないこと

帯域幅
電波は道路の幅のように帯域の幅で広さを示します。この場合は、大手キャリアが持っている通信網の何割ぐらいを借りて使っているのかを、非公表なので推定しています

通信者の高速・低速任意切換
容量の大きな動画などの通信は高速通信、文字情報だけで容量の軽い通信は低速通信というように、全体がなるべくスムーズに通信できるように通るスピードを調整すること。mineoはプレミアムコースのお客は全部、高速通信にしています

SIM開通・休止の自己管理(フルMVNO)
ビニールハウスの土が乾いたら自動で水やりをする機械で通信を使う場合、何も植えていない時期は通信を切り、課金しないようにするといった効率的な通信の使い方を可能にする仕組み。携帯電話で使う場合は利用幅が少ないが、インターネット通信を機械に組み込む(→IoTという言葉を聞いたことがあるかも)ことが増えると、重要になってくる仕組み。自前で通信設備を持つ大手キャリアは管理できるが、MVNOで管理できる会社は少ない。出来る仕組みを持つ会社を識別して、フルMVNOと呼びます

nuroモバイルの特徴

2016年10月に、新たに生まれた光インターネットサービスのnuroにともなって生まれたMVNOサービス。

当初はdocomo回線のみであったが、2017年12月からSoftBank回線の取り扱いも開始した。

光インターネットサービスで存続しているso-netの持つ、so-netモバイルが新規募集を停止、WiMAXサービスの提供のみに新規募集を絞ったため、ソニーグループで加入できる唯一のMVNOサービスとなっている。

docomo回線は1GB〜10GBまで、料金プランが豊富。

【追記】2018年10月より料金プランが絞られました。0.2、2、7、13各GBの4コース。ますます他社と比べての特徴が無くなりました。。。

11GB以上のヘビーユーザーには10GBプランからのデータチャージ対応になる。

SoftBank回線は、2GB、5GBの2プランのみのシンプルな料金体系。

 

データ容量を、後からチャージも出来るが、翌月分から前借りも出来るのが大きな特長。

速度制限など、ブラックボックス化されている情報が有り、個人向きでのサービスレベルは覗えないMVNOです。

他社にMVNOを卸売りする営業に、熱心な印象があります。

 

docomo回線は、1日中1MBに満たない速度の日もあり、少し使い勝手が良くない印象があります。

料金プランが豊富なので、速度が3MB程度あれば、もっと良いのですが。

SoftBank回線は、料金プランが少ないものの、速度的には実用的なので、5GB程度までの利用であれば、おすすめです。

どちらの回線も、nuroモバイルは容量を明言していませんが、直近3日間の使用データ量に応じて制限があったとの報告もあります。

 

ユニークなサービスもあります
・1日5時間だけ使用…docomo回線→1日のうち、細切れでも連続でも、合計5時間まで接続出来るサービス

 

スマホや携帯電話の本体販売もしています。すべてdocomo回線モデルです。

機種数はあまり多くありませんが、独自仕様もいくつか見られます。

また、MVNO向けのXperiaの高級機が販売される、唯一のMVNOです、

 

詳細はココ
http://mobile.nuro.jp/service.html

UQモバイルの特徴

UQモバイルの解説はココに詳しく
【総まとめ】UQモバイルをすすめる9つの要素

 

自前で通信設備(WiMAX)を所持し、auに貸しだした収入を、UQモバイルでのau回線の帯域利用料にあてがうことで、安定した通信を提供出来ています。

この原資があるため、docomo系で起こりやすい平日昼食時の低速化を回避しています。

制限時もおしゃべり/ぴったりプランなら300kbpsと、安定した通信品質を、廉価で必要次元で提供出来ている、数少ないMVNOです。

UQモバイルとの価格比較

ここでは、月あたりの利用量が少し多めのユーザーで、UQモバイルとnuroモバイルで、プランがおすすめかをシミュレーションしてみます。

なお、データ通信の利用量が少ないユーザーがMVNOに移るのがこれまでの主流でしたが、ここではデータ通信が多めのハードユーザーを例に挙げています。

YouTubeなどの動画を高画質で見すぎると、月あたり50GBを平気で超すので、なるべくWi-Fiで見るものとして、算外にしています。

UQモバイルは2年縛り、翌年に1,000円、増量オプションを継続する場合は3年目に更に500円、月あたりの価格が上がります。

nuroモバイルの値上がりはありません。最低利用期間(12カ月)を過ぎれば、契約解除料も無くなります。

まとめ

短くまとめると、

nuroモバイルが向くのは
MVNO向けのXperia高級機が欲しい方(docomo回線)
MVNOで、当座の平日での実用的な高速接続を望む方(SoftBank回線、5GBまで)UQモバイルが向くのは
通信をよくする
大きな条件無く、使いたいときに遅いと困るが、価格は安い方が良い
だが、サービス相応の出費は必要と捉えている

たいていは、UQモバイルになると思います。
↓詳細と申込はコチラから

 

クリックしたあとのページはこうなってるよ!

UQモバイルへの申込を、待ってますよ!

nuroモバイルは、あまり広告を見ないので、知名度が高くないMVNOです。

従って、利用者も多くありません。

しかし、docomo回線では速くも無いので、料金プランが工夫されていても、特長がありません。

SoftBank回線は今のところ実用できる速度ですが、料金プランが絞られており、低容量の5GBまでの用途にしか向きません。

 

私は、UQモバイルに助けられた部分が大きくあります。

仲間になってくれる方が1名でも多くなったら、幸いです。

UQモバイルの詳細と申込はこの下の青いボタンから。

コメント