【UQモバイル】携帯の節約の差額で楽しいことしない?節約は手段! 詳細はこの青いバーをクリック

MVNO比較 UQモバイル【A】vs.NifMo【C+】-2018/8版-

格安携帯電話会社の評価

MVNOって、安いのは良いけど、分かりにくそう。

勉強しなきゃいけないことが増えると面倒って人向けにガイドをするのが、このMVNO評価記事シリーズ。

MVNOの評価基準はココにあります→あなたは大丈夫?正しいMVNOの選び方|大事な2ポイントとは?
基本:通話も通信もいつでも問題無く出来ること!

 

今回のお題は、NifMo(2018/8評価)

docomoの電波を扱う、大手MVNOです。

平日の昼食時以外は特に不自由の無い、安定したMVNOです。

 

評価は【C+】(15段階評価の7番目)です。

同じ評価のMVNOが、mineoです。

【B-】評価に少し届かないのは、OCNモバイルから電波を分けて貰っている都合上、顧客サービスでもう1段階、踏み込めていないところです。

 

このサイトはUQモバイルを推しています。

個人的にも、UQモバイルにとても満足しています。

要点

✓docomoの品質から見たら良い部類の回線を使用

✓速度から見たらUQモバイルがいつも速くて安定。

✓ただ、平日の昼食時のNifMoの遅さは実用に耐えない。その不安も受け入れるならNifMo。安定がいつも欲しいのならUQモバイル。

両者の比較

 

語句解説
レイヤー
大手キャリアから1次受けで電波を分けて貰ったらレイヤー2、レイヤー2から分けて貰ったらレイヤー3になりますカウントフリー
特定のURLを通じた通信を、契約者のデータ消費カウントに含めないこと

帯域幅
電波は道路の幅のように帯域の幅で広さを示します。この場合は、大手キャリアが持っている通信網の何割ぐらいを借りて使っているのかを、非公表なので推定しています

通信者の高速・低速任意切換
容量の大きな動画などの通信は高速通信、文字情報だけで容量の軽い通信は低速通信というように、全体がなるべくスムーズに通信できるように通るスピードを調整すること。mineoはプレミアムコースのお客は全部、高速通信にしています

SIM開通・休止の自己管理(フルMVNO)
ビニールハウスの土が乾いたら自動で水やりをする機械で通信を使う場合、何も植えていない時期は通信を切り、課金しないようにするといった効率的な通信の使い方を可能にする仕組み。携帯電話で使う場合は利用幅が少ないが、インターネット通信を機械に組み込む(→IoTという言葉を聞いたことがあるかも)ことが増えると、重要になってくる仕組み。自前で通信設備を持つ大手キャリアは管理できるが、MVNOで管理できる会社は少ない。出来る仕組みを持つ会社を識別して、フルMVNOと呼びます

NifMoの特徴

NTTとの得意先関係が長い、元は日商岩井と富士通の出資会社「エヌ・アイ・エフ」を母体とした通信会社、ニフティの提供するサービス。

現在は、コンシューマ向け事業をするニフティ株式会社が家電販売「ノジマ」の完全子会社となり、サービスを継続しています。

 

NifMoは時々、速度が速くなりすぎるときがあります。

それでも、平日の昼食時は速くなりません。

速くなったという噂を聞きつけたユーザーが加入し、利用者が増えると、速度が落ち着く傾向があります。

つまり、速いのであれば加入したいという潜在ニーズが高いMVNOです。

 

制限時の速度は200kbps。

データ追加が500KBあたり900円と、他社に比べて割高です。

また、ユーザーの操作で高速通信と低速通信を切り換える機能を持っていません。

 

端末をセット販売もしており、扱い機種数も多いです。

ただ、仕入れボリュームがあまり大きく無いようで、品切れを起こしていることも散見されます。

また、docomoとSIMフリー機以外のau、SoftBankでの購入機種については動作確認を行っていません。

 

niftyのファンがメインユーザーであり、その知名度を魅力と捉えるユーザーが過半数の通信会社と言えます。

docomo以外からのMNPは、NifMOが動作保証をしていないので、難しいMVNOと言えます。

 

 

料金プランはシンプルです。

データ容量と対応サービス、それぞれ3つの候補から選ぶ形です。

データ容量が3つ
・3GB
・7GB
・13GB

対応サービスで3つ
・音声通話対応
・SMS対応データ通信
・データ通信のみ

 

家族でのファミリープログラムはありますが、家族割はありません。データシェア、支払のまとめ、2年以上の契約で1契約あたり毎月0.5GBのデータプレゼントといったサービスになります。

また、niftyで提供している電気サービス/光インターネットサービスと合わせた割引も提供しています。

 

ユニークなのは、公式スポンサーをしているサッカー・J1リーグの川崎フロンターレに関するキャンペーンがあることです。

期間限定ですが、サポーター登録をしている契約者に、試合会場へのチェックインや、チームの勝敗に応じて、割引や通信データプレゼントがあるキャンペーンがあります。

 

最低契約期間が6カ月、期間内の契約解除料が8,000円と、MVNOの中では短期&低額になっています。

 

NifMoの契約時に、NifMo訪問レクチャーを選べます。毎月480円、24カ月の契約です。

途中解除した場合でも24カ月分の残額を契約解除料として支払う必要があります。

なお、25カ月目からも自動継続で、25カ月目以降の解約は契約解除料がかかりません。

また、訪問予約後にキャンセルした場合、キャンセル料が4,000円かかります。

 

詳細プランはココにあります。
https://nifmo.nifty.com/sim/

UQモバイルの特徴

UQモバイルの解説はココに詳しく
【総まとめ】UQモバイルをすすめる9つの要素

 

自前で通信設備(WiMAX)を所持し、auに貸しだした収入を、UQモバイルでのau回線の帯域利用料にあてがうことで、安定した通信を提供出来ています。

この原資があるため、docomo系で起こりやすい平日昼食時の低速化を回避しています。

制限時もおしゃべり/ぴったりプランなら300kbpsと、安定した通信品質を、廉価で必要次元で提供出来ている、数少ないMVNOです。

 

UQモバイルとの価格比較

ここでは、月あたりの利用量が少し多めのユーザーで、UQモバイルとNifMoで、プランがおすすめかをシミュレーションしてみます。

なお、データ通信の利用量が少ないユーザーがMVNOに移るのがこれまでの主流でしたが、ここではデータ通信が多めのハードユーザーを例に挙げています。

YouTubeなどの動画を高画質で見すぎると、月あたり50GBを平気で超すので、なるべくWi-Fiで見るものとして、算外にしています。

UQモバイルは2年縛り、翌年に1,000円、増量オプションを継続する場合は3年目に更に500円、月あたりの価格が上がります。

NifMoは値上がりはありません。最低利用期間(6カ月)を過ぎれば、契約解除料も無くなります。

まとめ

短くまとめると、

NifMoが向くのは
Niftyの固定ファン
電気、光インターネットをniftyで使っている方
老舗を安定と捉える方UQモバイルが向くのは
通信をよくする
使いたいときに遅いと困るが、価格は安い方が良い
だが、サービス相応の出費は必要と捉えている

たいていは、UQモバイルになると思います。
↓詳細と申込はコチラから

 

クリックしたあとのページはこうなってるよ!

UQモバイルへの申込を、待ってますよ!

NifMoはあまり不満を聞かないMVNOです。

1度使い出し、平日昼食時の低速を当たり前と感じるようになると、離れる要素が無くなります。

その時間帯に、緊急の用事が無ければ良いですね。

 

もう少し、docomoのユーザーがauやSoftbank系のMVNOに移ってくると、平日昼食時の速度も変わってくるのですが。

 

私は、UQモバイルに助けられた部分が大きくあります。

仲間になってくれる方が1名でも多くなったら、幸いです。

UQモバイルの詳細と申込はこの下の青いボタンから。

コメント