【UQモバイル】携帯の節約の差額で楽しいことしない?節約は手段! 詳細はこの青いバーをクリック

MVNO比較 UQモバイル【A】vs.LINEモバイル【C】-2018/8版-

格安携帯電話会社の評価

MVNOって、安いのは良いけど、分かりにくそう。

勉強しなきゃいけないことが増えると面倒って人向けにガイドをするのが、このMVNO評価記事シリーズ。

MVNOの評価基準はココにあります→あなたは大丈夫?正しいMVNOの選び方|大事な2ポイントとは?
基本:通話も通信もいつでも問題無く出来ること!

 

今回のお題は、LINEモバイル(2018/8評価)

SoftBankとdocomoの電波を扱う、大手MVNOです。

私は、個人的にLINEモバイルのdocomo電波で痛い目に遭った事があるので、辛口の評価になります。

特にdocomo電波では、いつでも通信が快適に出来ないMVNOです。

評価は【C】(15段階評価の8番目)です。

 

このサイトはUQモバイルを推しています。

個人的にも、UQモバイルにとても満足しています。

MVNOでSoftBank電波とdocomo電波を扱うLINEモバイルは、SoftBankのグループ会社として、UQモバイルの真っ向からのライバルに当たります。

要点

✓最近始めたSoftBank電波は、今のところ安定して速いが、docomo電波のスタート時と同じく、そのうち失速する可能性がある

✓実際の使い勝手はUQモバイルの方がはるかに楽で、LINEモバイルがライバルには相応しく無い

✓通信はつながらなくても、価格が安いので仕方無いと思えるのであればLINEモバイル、それでは困る人はUQモバイル

LINEモバイルの概要

2016年10月に正式なdocomo電波のMVNOとしてのサービス提供を開始。

大赤字となり、2018年3月20日にSoftBankと資本提携。

2018年7月2日にSoftBank電波のMVNOサービスを提供開始。

 

通話アプリのLINEが通信事業に参入して行っている携帯電話事業です。

LINEの年齢認証が出来る珍しいMVNOです(他は、docomo、au、SoftBank、Y!mobile)。

一部SNSの通信を、公式アプリを通じた分のみデータカウントしない料金プランを持っています。

総合評価(15段階)

【C】=15段階の8番目

主力のコミュニケーションフリープランで、公式アプリ経由のLINE、Twitter、Facebook、Instagramの通信が、外部リンクとLiveを除いて、課金無しで楽しめます。

普通に考えて、音声通話付きで月額3,000〜4,000円の値札でもおかしくないサービスを、通信3GB付きで1,690円(税別)で提供しています。

 

 

全てのSNSは進化を続け、サービスを増やします。

あるとき、Instagramのストーリーという通信量の多いサービスが始まりました。投稿は24時間で消えるものの、動画コミュニケーションがスタンダードになっているサービスです。

LINEモバイルは、InstagramのストーリーもSNSフリーの対象にする、大盤振る舞いの決定をしたことで、大赤字になる事が確定したと見て取っています。

 

 

利用者は無料なら、どんどん使いますよね。LINEモバイルのSNSフリーの通信量がみるみる増えていきました。

ユーザーが更に増え、LINEモバイルの速度は特に平日昼間と、夜に遅くなっていきました。

格安で提供しているため、docomo電波に追加投資をして帯域を増強しても焼け石に水、赤字を増やすだけの状態になった。

 

 

こうして、多額の赤字を出し、SoftBankへ提携をお願いし、事業の救出を図ったというのが、業界共通の見方です。

SoftBankは決して救世主の役割では無く、投資価値のある対象としてLINEモバイルを捉え、資本提携をしています。

 

そして、2018年7月にSoftBank電波を扱うMVNOサービスが始まったばかりです。

今後、LINEモバイルは以前と同じ轍を踏まないために、引き締めたいところです。

 

気になるのは、
・今後のLINEモバイルのdocomo電波はどうなるのか
・LINEアプリの普及率が下がると、LINEモバイルの長所が消えないか
といったところです。

詳細スコア

LINEモバイルのネックは、

・SoftBank電波は今は通信が速いが、将来は不安
・SoftBank電波のSNSフリーは2018年8月現在は非対応、代わりにデータ容量2倍になっている→2018年8月30日より開始
・SoftBank電波は2018年12月まで最低1MBの速度保証があるが、実際は3MBが出ていないと大画面スマホやタブレットでの高画質動画視聴が苦しい
・docomo電波は、あまり通信が速くない
・docomo電波のコミュニケーションフリープランのSNSフリーは、公式アプリの通信のみが対象

といったところです。

メリットとデメリット

UQモバイルLINEモバイル
メリット通話/通信品質が高いSoftBank電波は、2018年8月現在は安定して速い
データが9GB程度までの一般的な使い方なら、UQモバイルの方が得Softbank電波は留守番電話が無料で付いてくる
データ通信を制限モードにしても、他のMVNOの昼間と同じクラスの速さdocomo電波は、どのプランでもLINEアプリ経由の通信は課金されない(SoftBank電波は準備中)
制限モードだとデータ消費をしない(おしゃべり/ぴったりプランで300kbps、データ高速プランで200kbps)docomo電波のコミュニケーションフリープランで、SNSフリー(公式アプリ経由。LINE・Twitter・Facebook・Instagram)になる※SoftBank電波は準備中
料金の値上げが3年目まで、4年目以降は値上げ無し(おしゃべり/ぴったりプラン・増量オプション加入の場合)docomo電波は特に対応出来る機種が多い
おしゃべり/ぴったりプランの増量オプションを使うと、2018年9月以降はプランSで割安に3GBまで使えて、話せる魅力的なプランになるLINE MUSICが割安で利用できる
通話機能付きプランは、最低利用期間を過ぎれば契約解除料が無くなる
デメリット家族割は2人目から500円割引オプション料金(880円)で、専用アプリ経由で10分話し放題が選べるが、標準料金に込まれていない。
話し放題プランは通話が5分までしかない全体的に同等のMVNOと比べて、多少高めの価格設定
おしゃべり/ぴったりプランの増量オプションを使うと、2年目で+1,000円、3年目で+500円と段階的に料金が上がるSNSフリーは、アプリ内から外部リンクやライブストリーミングへ飛ぶと、その分のデータ通信量が無料では無く、課金範囲になる
iPhone7以降はテザリングが出来ないdocomo電波は、他のdocomo系MVNOと同じく、平日昼休みの通信速度が低い
電話問い合わせ窓口で、詳しい人に当たるかどうかのムラがあるLINEアプリの普及率が落ちると、LINEモバイルの存続も苦しくなる
対応機種がLINEモバイルに比べて少ない動作確認済端末検索で機種別の項にSIMロック解除の必要があるか載っていない、端末検索ページの下方の注意書きを見る必要がある
おサイフケータイの対応機種が少ない最近のハイスペック機種でも、テザリング非対応の機種がある
docomo/SoftBankのスマホでUQモバイルで使え無いものが多いサポート受付対応も出来る実店舗が見当たらない
地方でau/UQモバイルの電波が弱い地域があるSNSフリーの利用者は、SNS17GB、その他の課金データ2.3GBといったような使い方が多く、LINEモバイルの採算を狂わせているのは確か。サービス内容の見直しがあると乗換の心の準備が必要
UQモバイルショップは、まだ多くない本来のライバルはY!mobileやUQモバイルだが、グループ、資本の関係や所有設備の差で、その他のMVNOを比較対象にしている

 

LINEモバイルは不安を抱えながら賭けに出たい人向け

LINEモバイルの料金プランは3つ。

LINEフリー

LINEモバイルHPより抜粋

コミュニケーションフリー

LINEモバイルHPより抜粋

MUSIC+(SMS付き)

LINEモバイルHPより抜粋

電波によって、留守番電話が付いていたり、データチャージ出来る量が違ったりします。

LINEモバイルHPより抜粋 データ容量の追加購入

LINEモバイルHPより抜粋 データ通信量の繰り越し

SoftBank電波が余裕有る設定になっているのは、資本提携のおかげです。

SoftBank電波は今のところは速いですが、どこまで持つか疑問です。

 

あとあと不満がたまるのがイヤであれば、予め避けて置いた方が無難です。

SoftBankのユーザー

SoftBankのユーザーは、多少高くなるけど、Y!mobileに行った方が不満は少ないです。

また、通信が多いのであれば、翌月にデータ残量を繰り越せるUQモバイルが良いです。

docomo、auユーザー

わざわざ、SoftBank対応の端末に買い換えてまで、いつに遅くなるタイミングがあるか分からない、LINEモバイルのSoftBank電波を選ぶ必要はありません。

そして、LINEモバイルのdocomo電波を選ぶのは、積極的な理由が見つかりません。

LINEの年齢確認と、コミュニケーションフリーが目的であれば止めはしませんが、フリーと一緒に、平日昼間に遅い通信速度という不便も付いてきます。

 

似たような使い勝手で同価格帯であれば、mineoかIIJmioが多少安い価格であります。

通信が込んでいても、電話が通じればってレベルの選択です。

多少価格が高くなっても良いのであれば、対応端末は限られますが、UQモバイルがおすすめです。

UQモバイルの料金プラン→特に通信に強いMVNOです

大きく分けて、2つのプランがあります。

おしゃべりプラン/ぴったりプラン

通話をよくする人向けのプランです。

2018/8現在、キャッシュバックの対象です。

UQモバイルのHPより

Webや動画の通信速度は高速で、他のMVNOと段違いで速いです。

データ容量を使い切っても、300kbpsで通信できます。

 

申込時に「データ増量オプション」に加入すると、使えるデータが倍になります。
https://www.uqwimax.jp/cp/data_double_free_new/

詳細に少しだけ書いていますが、

データチャージ料金から「おしゃべりプランS」および「ぴったりプランS」は1,000円/月、「おしゃべりプランM」および「ぴったりプランM」は3,000円/月、「おしゃべりプランL」および「ぴったりプランL」は7,000円/月を割引します。本オプションを解約された場合、解約の申込みをされた月の利用分をもって割引を終了します。

https://www.uqwimax.jp/plan/mobile/option/data_double/

つまり、データチャージ料金に対して、後でプランごとに決められている金額を割り引きます。

したがって、何もしないでおいたら、プランSでは残り1GBで、2018年12月からは残り2GBで表示されます。

※2018年12月に基本データ量が改訂され、増えます。
2018年9月から、増量オプションのデータ増加量が更に増えます。
プランS=最大3GB
プランM=最大9GB
プランL=最大21GB
まで、チャージした分が、あとから値引きされます。

 

おしゃべりプランの5分を超えた通話、ぴったりプランの無料通話を使い切ったあとの通話にかかる料金は、20円/30秒です。

 

契約期間は24カ月。25カ月目を更新月とし、26カ月目のみ契約解除料無料、27カ月目より24カ月間の契約へ自動更新されます。

契約解除料は9,500円。

楽天モバイルと比べ、最低利用期間ではない形の契約なので、乗換の際に契約解除料が発生する確率が高いものとなっています。

データプラン

音声通話も付けられます。

あまり通話をしないい人向けのプランです。

キャッシュバックはありません。

UQモバイルのHPより

データプランは、音声通話を付けた場合、12カ月間の最低利用期間が設定されます。最低利用期間内での契約解除料は9,500円です。

音声通話を付けない場合は、契約解除料が発生しません。

おしゃべりプラン/ぴったりプランとは契約の方法が違い、LINEモバイルと似た契約形態です。

データ容量を使い切っても、200kbpsで通信できます。

リアルの店舗

UQモバイルの実店舗数は、増加中です。

 

LINEモバイルも実店舗数の増加に取り組んでいますが、販売機能に注力していて、修理サービスの受付については、リアル店舗がありません。

大手キャリアと同様、修理やサポートもリアル店舗の役割です。

早急に整備して欲しいものです。

 

困ったときに、相談できる店舗があるUQモバイルは、安心ですね。

オプション

データ追加

LINEモバイルUQモバイル
docomo電波SoftBank電波
100MB200
500MB500500500
1GB1,0001,000
3GB3,000

(単位:円)

LINEモバイルのdocomo電波は月に3回まで、SoftBank電波は月に10回までデータの追加購入が出来ます。

余ったデータ残量は翌月に繰越も出来ます。

 

UQモバイルも追加のデータチャージが出来ます。

おしゃべり/ぴったりプランなら、基本データ量は残ってしまった場合、翌月に繰り越されます。

 

プランS=1GB、プランM=3GB、プランL=7GB

2018/12からは、プランS=2GB、プランM=6GB、プランL=14GB

留守番電話

LINEモバイルの

docomo電波は300円。

SoftBank電波は無料で付いています。上位機能の留守番電話プラス(300円)も選ぶことが出来て、メッセージ保存件数が100件、保存日数が7日に増えます。

LINEモバイルHPより抜粋 留守番電話

 

UQモバイルは、留守番電話/三者通話サービス/迷惑電話撃退サービスのパック、電話基本パックになり、380円。

 

LINEモバイルのSoftBank電波はサービスが良いですね。

かけ放題時間

LINEモバイルは専用アプリ経由で10分間、月額880円のオプションになっています。

 

UQはおしゃべりプランで5分。

ぴったりプランなら、無料通話時間に代わります。

 

LINEモバイルはアプリを起動しなければいけない手間があり、UQモバイルのおしゃべりプランの場合は、5分以上話すのなら実費が加算される心配があります。(通常は20円/30秒)

UQモバイルの、データプランで音声通信を加えた場合は、楽天でんわアプリを経由した方が安くなるので、アプリを起動する手間が増えます(楽天でんわアプリ経由は10円/30秒)。

 

なお、UQモバイルから楽天でんわアプリを使えます。

楽天でんわアプリを使うことで、通話料が10円/30秒になります。

ぴったりプランで無料通話が切れたときや、データプラン(音声通話付き)を利用の場合は、利用して良いです。

データ通信

速さは圧倒的にUQモバイルです。

LINEモバイルのSoftBank電波も速いですが、今後に利用者が増えると、速度がどのように変わるのか読めません。

また、同じSoftBank電波を使ったMVNOも徐々に増えることも考えられます。

 

2018年9月からは、mineoがSoftBank電波でサービスを開始します。

先の読めない、あやふやさを楽しむ余裕があれば良いのですが、携帯電話ってそういうものじゃ無くて、連絡するためのものだろうって個人的には思います。

安定した環境を、相応の価格で提供出来ているUQモバイルを勧めます。

制限超過後の速度

UQモバイルは、どの時間帯も安定してデータプランは200kbps、おしゃべり/ぴったりプランは300kbpsを出せます。

 

LINEモバイルは200kbpsに制限されます。

 

データ制限については、両者大きく違いません。

しかし、LINEのコミュニケーションフリープランでのSNS通信(公式アプリ使用)は制限を受けないため、その分だけLINEモバイルが有利です。

2018年8月現在は、docomo電波でしか提供出来ていないのが苦しいところですね。

まとめ

短くまとめると、

LINEモバイルが向くのは
SNSフリーが目当て
平日の昼休みに多少遅くても良い
金額が安い方が良いUQモバイルが向くのは
通信をよくする
使いたいときに遅いと困るが、価格は安い方が良い
だが、サービス相応の出費は必要と捉えている

たいていは、UQモバイルになると思います。
↓詳細と申込はコチラから

 

クリックしたあとのページはこうなってるよ!

UQモバイルへの申込を、待ってますよ!

とりあえず、LINEモバイルは辞めておけが、私からのメッセージです。

UQにしておいたら安心です。

 

スマホが辛うじて通じるかどうかという場面で、LINEモバイルはいったい何を助けてくれるのか?

私は過去にLINEモバイルのユーザーでしたが、今ひとつ、その時にメリットを感じ取れませんでした。

avatar

カレンちゃん

家族が危険な目に遭ってから、分かるのは遅すぎよ

LINEしか連絡先を知らない人とは特に不便だよね、通信が遅い時間帯は

avatar

ミツオくん

 

私は、UQモバイルに助けられた部分が大きくあります。

仲間になってくれる方が1名でも多くなったら、幸いです。

UQモバイルの詳細と申込はこの下の青いボタンから。

【UQモバイル】携帯の節約の差額で楽しいことしない?節約は手段! 詳細はこの下の青いボタンをクリック
通信も通話も安定【UQモバイル】

通信バリ速、通話も安定。
大手キャリアと全然変わらない使い心地。
MVNOに移る不安、一切無し!
申し込むだけで差額が出て、楽しいことが出来る。
それがUQモバイル。
詳細は下の青いボタンをクリック!

格安携帯電話会社の評価
ぐっちをフォローする
UQ-Quest-UQモバイルは格安SIMで1番の新規加入者数!-

コメント